マイクロソフト・ワード/エクセル/パワーポイント2007使いこなしテクニック,Tips,Faq マイクロソフト・パワーポイント2007使い方テクニックTips マイクロソフト・エクセル2007使い方テクニックTips マイクロソフト・ワード2007使い方テクニックTips アクロバットPDF使い方テクニックTips ホームへ
アドビ・アクロバット/PDF | オフィス2007 | ワード2007 | エクセル2007 | パワーポイント2007

Word 2007ファイルから画像データを取り出す

拡張子を.zipに変更

 Microsoft 2007 Office SystemではXMLベースのファイル形式が利用されています。従来の.docではなく、.docxという拡張子のファイルになっています。これはXMLベースのデータ・ファイルを、ZIP形式でまとめて圧縮したものなのです。ですので、.docxファイルの内部を閲覧するには、拡張子を.zipに変更すればいいのです。
 一例としてtest.docxというWord 2007ファイルの場合、これをtest.docx.zipなどというふうに、.zipという拡張子にリネームするとエクスプローラで内容を見ることができます。

拡張子を.zipに変更

[word] / [media]フォルダを開く

 この.zipファイルの中には多数のファイルやフォルダがあるが、このうち[word]フォルダ内の[media]というフォルダに格納されている.png、.jpegファイルが文書ファイル中の画像データです。

test.docx.zip内を閲覧

[word] / [media]フォルダ内の画像ファイル

これらの画像ファイルはオリジナルの解像度ではない

 これらの画像ファイルは文書中に貼り付けたオリジナルの画像の解像度ではなく、文書中の割り付けサイズに応じて自動的に縮小/リサイズされています。ですので.docxファイルから画像データを取り出せても、元の高解像度のデータはもう得られません。一度でも.docxとして保存すると、後で画像の割り付けサイズを拡大しても、元の解像度のデータには戻らないのです。.docxファイルのサイズが小さいのは、自動的に画像ファイルのリサイズを行ってしまうからです。

〒114-0003東京都北区豊島8-27-2-1216 データ・オンデマンド
Copyright 2008 Data OnDemand, Inc. All Right Reserved.